FC2ブログ
01≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03
一ヶ月健診
母乳育児の最初のふるい落としは一ヶ月健診らしいです。小児科の先生から「ミルク足して下さい」等の指導があったりで、不安になった母親が混合育児になってしまう事が多いらしい…。
私も飲めているのか、本当に足りているのか、体重が増えているか、不安でした。一ヶ月健診の前に母乳外来へ行って、母乳育児に理解のある助産師さんの話を聞いてから一ヶ月健診へ行きました。

6/3 母乳外来
ちゃんと体重増えてた(*´ω`)
助産師さんから「一ヶ月健診の時までに、母乳育児が続いている人は何%か知っていますか?」と聞かれました。わからなくて答えにつまっていると、すかさず主人が「40%くらいですね」なんでそんなこと知ってるのー?!その他にも私の母乳育児状況を私よりも的確に説明したり、なんかすっかり母乳アドバイザーな主人のその様子に助産師さんもビックリ。私もビックリ(笑)
母乳育児はもう大丈夫ですね。って事で母乳外来を終えました。
ちなみに母乳育児を推進しているこの産院で出産した方達の一ヶ月健診での母乳育児率は9割を超えるそうです。

6/6 一ヶ月健診
同室だった方や授乳室でお馴染みだった方と久しぶりにお会い出来ました。みんなに「母乳飲めるようになりました?」って聞かれました。私、入院中も必死だったから(笑)みなさん混合かミルク育児みたいでした。普通そんなにこだわる必要もないもんね。私も普通分娩だったらこんなに必死にならなかったと思う。そして小児科の先生にも母乳も足りてて元気そうですね。って言われて一安心。ただ、私の方が子宮の戻りがいまいち良くなくて、子宮の中を軽く洗浄されましたorz痛いのなんのってモゥ!翌週も婦人科に来るように言われて薬を貰いました。薬が効いたみたいで、子宮清掃の処置はしなくて済んで一安心…(´・ω・)

一ヶ月健診も無事終わり、母乳育児に自信がついてきました(`・ω・´)
頻回授乳で大変だけど、どんマイケル(`・ω・´)b

沐浴

つづきをよむ
テーマ:母乳育児 - ジャンル:育児
母乳育児トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
乳頭混乱
乳頭混乱の理由は色々あるそうですが、太郎くんの場合は「哺乳瓶で楽してミルクを飲む事を覚えてしまった」事が原因だと思います。
(ちなみに出産して入院中の事ですが、授乳があんまり痛いので太郎くんの口に指をつっこんでみたら舌を使わずに歯茎で噛んでいました。助産師さんに「赤ちゃんが舌を使わずに哺乳瓶の乳首の飲み方をしてるんですが…」って相談したら「気のせいでしょー?哺乳瓶使ったからって乳首からも飲めますよ」って言われました。「母乳育児を希望するなら、出産する産院を選んだ方がスムーズにいく」って母乳育児の本によく書かれてるけど、本当にそのとおりですね。)

乳首に慣れさせる為にしたこと
・お腹が減りすぎると興奮して泣いて乳首を拒絶するので、スプーンで少し飲ませて落ち着かせてから授乳。
(口からいっぱいこぼれるけど、泣けば哺乳瓶が出るっていうパターンを覚えていたのでそれを崩すには効果ありました。)
・疲れた時は母乳相談室を使って飲ませる。
(口を大きく開けて舌を使って飲む、という練習になって良かったみたい。母乳相談で搾乳したものを飲ませたら、その後乳首の飲み方が上手になってきました。)
・唇をまきこんで飲んでいるからアヒルみたいな口になるようにめくる。
(特に下唇をめくるようにしました。)
・おっぱいを欲しがったら飲ませる。ひたすら飲ませる!
(そりゃもう体力の続くかぎり…)
・脱水症状に気をつける。
(オムツのぬれ方、元気はあるか等)

5/21から母乳一本でやってみました。
育児日記のタイムテーブルに母乳回数、おしっこ、うんちを記入。主人が会社から帰ったらそのノートをみて私を励まして誉めて誉めて励まして…そんな日々が始まりました。
時には泣いたり、もうミルクでいいかも…とかくじけそうになったり。その度に主人は冷静に優しくアドバイスしてくれて誰よりも頼りになる相談相手でした。(母世代は混合バンザイ世代だから相談にならないんだよね)
本当にこの頃の主人には神が降りてましたヨ。掃除洗濯、オムツ替えにご飯の時ぐずりだしたら抱っこ、太郎くんと二人っきりで疲れてる私にかわって子守り。私のおっぱいが張って、でも搾乳が上手く出来ない時は搾乳まで!(搾乳されながら眠った事もありました(笑)搾乳パパさん素晴らしい)そして情緒不安定な私の話を親身に聞いてくれながら足をマッサージ、「いいお母さんだよ。えらいよ。本当にいいお母さんだね。」って子守唄のように誉めてくれて。主人のサポートがなかったら私には母乳一本にするだなんてムリだったでしょう。
あぁ、この人と結婚して幸せだなぁ…って、思いました。

そして乳頭混乱は、徐々によくなっていきました。一ヶ月頃、張った胸が授乳で柔らかくなって「飲み方が上手になったんだ!」と実感。その頃、乳首も一皮むけて丈夫になってました。

にやり

つづきをよむ
テーマ:母乳育児 - ジャンル:育児
母乳育児トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
母乳入院
5月20日(土)
母乳入院しました。
午前中から夕方までの日帰り入院で、授乳の仕方を見て、授乳指導などをしてくれるのです。
この母乳入院を心の支えに、痛い授乳に耐え混合でやってました。きっとこの母乳入院で助産師さんが問題点をみつけてくれてサクッと解決するか、その糸口が見つかるに違いない!って半分祈るような気持ちで助けを求めていたんだと思います。
お見舞いに主人の職場の方が奥さんとお子さんを連れて来てくれました。お子さんは太郎くんより5日早く生まれた赤ちゃん。赤ちゃんを二人並べて転がすとえらいかわいかった(*´Д`)ほぇほぇ

そしてこの母乳入院。
結果からいうと、なんの進歩もありませんでした(笑)

でもお陰で諦めがつきました。誰かに助けを求めるような依存する気持ちがあったのです。でも「誰かからのアドバイス」的なものをすでに出尽くしていて、母乳育児に関する知識は主人が勉強してくれて、事細かくわかっていたし、授乳方法も(くわえさせ方)マニュアルどおりだし。
もう相談したって一緒じゃ!夫と二人で乗り越えてやらぁ!ヽ(#`Д´)ノってなもんです。

つづきをよむ
テーマ:母乳育児 - ジャンル:育児
母乳育児トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
母乳育児スタート
退院した翌日に、入院していた時に取材に来ていたテレビの放送がありました。私のインタビューが映っていた…。手術翌日でグッタリしてて我ながら痛々しい感じ。そんなことよりも息子の太郎くん(息子のハンドルネームは太郎に決定|Д゚))が映ってた!何カットも!!ビデオにとって何度もみました。いい記念になったわぁ(*´Д`)

そして母乳育児はというと、スタートからつまづき、すっ転んだ状態でした。
帝王切開だった為、出産翌日に形だけの授乳の後に哺乳瓶でミルクを与えられました。その後も授乳の後に毎回ミルクを与えていて母子同室となった4日後にはすっかり「哺乳瓶っ子」になってました。
必死でおっぱいあげようとしても「こんな飲みにくい乳はいやだー!哺乳瓶がイイー!」と怒って泣き喚きます。母乳拒否されたあとに幸せそうに哺乳瓶でミルクを飲む姿に心が折れた夜もありましたorz
結局そんな状態のまま退院。
つづきをよむ
テーマ:母乳育児 - ジャンル:育児
母乳育児トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
前ページ| ホーム |
プロフィール

みるく

Author:みるく
2006年5月に息子の太郎が生まれ、主人と愛猫の三人+一匹暮しです。初めての育児でテンテコマイの毎日です。

★かうんとだうん★



ブログランキング
「このBlog、結構おもしろーい!」と、思ったらポチリと一票お願いします♪ FC2ブログランキング
カウンタ

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
01 ≪│2020/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム