FC2ブログ
07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
母性本能がなくなった?2
ちっちゃな事でクヨクヨして、心の狭い人間だと改めて感じました。

モヤモヤしている気持ちを振り返って、あのチクチクした気持ちの理由はこれだったんだと気持ちの整理をしていました。

新しい年が来る前によからぬものは全部はいちゃえ(笑)って感じに愚痴の続きです。


8月の帰省のときは、生後三ヶ月の息子はまだ頻回授乳で、他の人の腕の中にいてもすぐに私の元へ帰ってきていた。頻回授乳があったので、息子との密着時間はあまりかわらなかった。

10月の帰省は何が違ったのか、思い返して不安定な気持ちの理由を探していた。

10月の帰省のときは、息子も五ヶ月。息子は久しぶりに沢山の人に可愛がられ、息子はおっぱいのことも忘れ気味だった。
授乳のとき、私を蹴ったりぐずったり不機嫌なのに、でもみんなのいるリビングへ連れて戻ると、ご機嫌になり嬉しそうだった。

「私と二人のときは、機嫌悪いのに…!」
「私より他の人の方がいいんだ」


そのときはこんな自分の気持ちをハッキリと意識できなかったけど、うすらぼんやりとそんな不安が心にあって、「そんなことない母親が一番。母親だから甘えてるんだ。」と、自分の気持ちを打ち消していた。だけど授乳の度に不機嫌な息子をみると不安と不満が募っていった。

今思い出しても、息子の外面のよさといったら悔しいったらありゃしない(笑)母親にもあの愛想のよさを見せて欲しいものだ。


一泊した翌日の朝、目覚めた息子を抱いてリビングへ行った。普段なかなか会えないから、息子と少しでも多くの時間を過ごして貰いたい。
リビングでは義母が待っていた。
おはようの挨拶より早く私の腕から息子を抱き上げた。
「みるくさん!寝てていいよ!太郎ちゃんのことはみてるから、ゆっくり寝てて!」
寝るしか選択肢がないようなので、息子を義母に任せ二階の部屋へ戻った。

部屋に戻って、眠れるはずもなく、呆然と座った。
初めて息子を人に任せる事が落ち着かなかった。
でも、待ち望んだ初孫である息子を存分に可愛がって貰いたい気持ちは強い。
息子にとっても、母親と二人っきりの毎日より多くの人に可愛がってもらう方が良いに決まっている。
私は実母にも息子を任せたことがない。同じ屋根の下にいるにかかわらず、息子が視界にいないことが落ち着かなかった。

「こんなに息子ベッタリじゃ、息子に良くないわ。」

気を紛らわせたかったので、爆睡している主人にちょっかいをかけてみた。
でも主人はゴーゴー寝てる。飽きた。
デジカメをとりだして、息子の写真と動画を眺めた。
小さな画面の中に、がんばって寝返りをしている姿や笑顔をみて涙がでた。
寝そべると、リビングの真上のこの部屋に息子の笑い声が響いて聞こえてきた。楽しそうに過ごしているんだな。よかったね。優しいおばあちゃんで。
そう思う一方で…
「お義母さん!この隣でガーガーいびきかいて寝ているあなたの息子をお返ししますので、私の可愛い可愛い息子を返して下さい…!」
と思う気持ちがあったのだけど、そんな気持ちは気付かないように、見ないように目をつぶって蓋をした。

出産前は「夫大好き」な私だったはずなのに、どうして今は息子ばかりみているのだろう…。
今でも夫大好きなのだけど、息子に八割方心を奪われているみたい。
息子息子息子夫息子息子夫息子息子息子…。
これくらい心は息子だらけで、夫の居場所がぱっと見わからないくらい。
あぁどうして私はこんなことに!
(夫よ、ホント申し訳ない!(笑))

「息子はいつか私のもとから巣立つ」

この言葉を心で繰り返し繰り返し、自分に言い聞かせた。

帰省の間、ずっと息子は義母か義父か義妹に抱かれていた。
私は息子と離れていても何も感じない振りをしていた。
むしろ、久しぶりに育児から開放されて楽だわ~みたいな事さえ言った。

「息子はいつか私のもとから旅立つ」

息子が腕の中にいない寂しさを感じたとき、呪文のように心で唱えた。

それともう一つ、呪文があった。
これは実母の言葉。呪文といっても、これはなんというか…。
実母からの呪いの言葉。
「リビングにみんなが集まっているとき、あんただけ居ない方がいいんじゃない?w」
「あんたが居ない方が、気兼ねなく太郎ちゃん抱けるだろうしwww」
「ジャマでしょww嫁が目光らせて見張ってたらwwww」
正直その言い方は大いに鼻についたが、確かに嫁は他人。私が居ない方が息子を抱きやすいだろうし、気兼ねせずに済むだろうと思う。

私はこの言葉の通り、不自然にならないタイミングがあればリビングから姿を消し部屋にいた。楽しそうな声がリビングから聞こえてくると、それが正解なんだと思った。

「ほら、あんたが居るとジャマでしょwww」

実母が満足げに笑ったきがした。私はまた傷つく気がするから、このことは実母にはいわないでおこうと思いながら、部屋で一人ぼんやりしていた。



色々思い返すと、たった二泊三日だったというのに、息子を思うように抱けなかったのが堪えていたらしい。そうゆう自分の気持ちを押さえ込んでいたのもストレスだったようだ。
そして息子は私以外の人に抱かれていると、あまり我侭を言わなくなる。人見知りもない。息子も息子なりに我慢しているのかもしれない。でもこれが私には「私以外の人には、可愛い赤ちゃんのふりして!ムキー」と悔しくなる。
これに加えて、帰省後は夜泣きとグズりがきつかった。
なんとなく自分の気持ちがみえて、落ち着いてきた。


11月初旬にまた二泊三日の帰省をした。
やっぱり私は息子を抱けない事がストレスになったけど、心の準備が出来ていた分10月の時より軽かった。でもやっぱり辛かった。

仔猫を人間に触られまいと威嚇する母猫の気持ち、今ならわかる気がする。
人間の匂いがつくと、子をかみ殺す気持ちもなんとなくわかる気がする。

理性で押さえていても人間はやっぱり動物で、私がいくら理屈や理性で良いと思っていても、母の本能の部分が拒絶するのだろう。
だから息子が主人以外の人に抱かれっぱなしで私の手から離れるのが嫌。
人の手垢がついたようで嫌。
そう思っても、産後の母親の心理としては当たり前なことで、意地悪な事でも悪い事でもないのだ!…と、思う…。

帰省からの帰り道、主人にこんな感じに愚痴を言った。そして泣いた。

「そんなに辛かったなんて知らなかった。そんな気持ちにならない為には、帰省を控えた方がいいの?」

主人が困ったように私の要求をたずねてきた。

「これは私の我侭な気持ちの話だから、帰省をやめたいとかじゃないの。息子もおじいちゃんおばあちゃんに可愛がられるのは嬉しいだろうし、私も嬉しい。ただね、この持て余す思いを帰省のたびに聞いて欲しいの

気の毒に、主人は帰省の度に私のこの愚痴を聞かされるのかもしれない(笑)

主人に溜まった愚痴を聞いて貰ったお陰か、スッキリできた。11月の帰省後は落ち込むことはなかった。
…かわりに主人がへこんでいた。
楽しい帰省の帰り道、嫁にあんなこと言われたら気分悪いよね。ごめんなさい。
主人の実家は私の実家にはない暖かさと明るさがあって、好きだし、うらやましいのです。決して主人の実家が嫌いなんて事はないんです。
「産後の動物病」だと思って許して下さい。
気難しい人と結婚してしまったと許して下さい…(苦笑)

そんなこんなで、1月初旬にまた帰省します。
息子におもちゃを買ってくださるそうなので、楽しみです♪(笑)

10月や11月の帰省のときも、お洋服買ってもらったり、お米や野菜たんまり頂いたり、楽しいこともイッパイあったんですよ。

なのに凹んだりグズグズ考えたり、自分でもダメ人間だなーって思います。
息子の成長と共に懐かしい記憶になるといいな。

さぁ来年からは楽しく生きるぞー。
Blogもたまに愚痴かいちゃうかもしれないけど、それも笑いのネタになるくらいにやっていきたいと思います。
スポンサーサイト
テーマ:お母さんの気持ち。 - ジャンル:育児
育児トラックバック(0) | コメント(13) | top↑
<<あけましておめでとうございます | ホーム | 母性本能がなくなった?>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/31 22:43】 | #[ 編集]
はじめまして
はじめまして。「男の子のママ・パパ」のトラコミュからお邪魔したチャカと申します。
私の場合は「面倒見てあげる」と言われたら「助かった、これでゆっくり寝られる…」と義母や義姉達に子供を預けてグースカ寝ていたクチです(^^;
長男は夜泣きがひどくて1歳を過ぎるまでグッスリ寝てくれた記憶がなく、睡眠欲のほうが息子可愛さを上回ってしまうぐらい切羽詰ってました。
でもみるくさんがお子さんを取られてしまったように思うのなら、それは心身ともにまだまだ余裕があるからでしょう。
だから私なんかよりずっと母性があると思いますよ。
お子さんが大きくなると面倒を見るのが大変でご主人の両親も積極的に面倒を見ようとしなくなるでしょうし(笑)2歳を過ぎる頃には気持ち的にも楽になると思いますよ。
あまり肩に力を入れず、自然体でお子さんとの時間を過ごして下さいね。
【2007/01/01 11:56】URL | チャカ #iMLwRVKQ[ 編集]
初めまして。同じブログの育児で検索していたらここにきました。
ミルクさんの絵、上手ですね。
私もイラストを描いているのですが、
なかなかうまく描けません。
ところで、ミルクさんの気持ちよくわかります。
しかも、義理母が連れて行くところも。
私も最初の子ども(息子)の時は、連れて行かれるのに寂しさがありました。今もそうですが
娘が生まれてからは、娘が連れて行かれる度に
ぎゃーぎゃー泣くので、「はいママ、もーかなわないわ」と言ってしまうぐらいなつかなかったです。

みるくさんはそれだけ息子さんを愛しているからですよ。「守ってあげられるのは私だけ」
みたいな気持ちに私もなってしまいます。

なんだかわかった風な書き方してごめんなさい。
どうも、言いたいことと書きたいことがうまくかみ合わなくて・・・。気分損ねたら許してくださいね。
また遊びに来ます~v-398

【2007/01/01 19:02】URL | ちさ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/03 04:11】 | #[ 編集]
再開されたんですねー 色々あったようですが…

私も夫に「(私が)いない方が舅が遠慮せず触れあえるかも」と言われ
今度の週末は夫が娘を1人で夫の実家に連れて行きます。
「そうだね~」と思いっきり納得してました(^_^;)。
お舅さんホント遠慮深いので。。

気にするところって人それぞれですし
息子さんと娘という点でも違うかもしれませんね。
「いつか旅立つ」と思うと今からでも寂しいですよね。。
女の子だとあまり親から離れないイメージですが。
ブログっていい吐き出し口だと思うので
ここで少しでもスッキリして頑張っていただきたいです。
【2007/01/04 00:05】URL | AKi #-[ 編集]
ふむふむ…。
ところで林檎は旦那実家生活なので、これ普通に毎日デス。
すっごいストレスな毎日がありました。やっぱり5ヶ月くらいだったかなー?
ホント毎日イライラしてた(笑)
だけどいつの間にか、そんな風に思わなくなりました。
林檎の気持ちが変わったんじゃなくて、姫林檎が後追いし出したり
『最後は?やっぱりママ』になったので!
最近は逆に見てもらえたらラッキーぐらいな(ぷぷ)
自然と力が抜ける日がきっと来ると思うよ。
【2007/01/04 01:27】URL | 林檎 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/04 02:49】 | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/04 09:58】 | #[ 編集]
●チャカさん
はじめまして。遊びに来てくださってありがとうございます。
預けたときに、ゆっくり寝られる…と、リフレッシュできる方って羨ましいです!
預けることに抵抗があるかないかは、きっと母性と関係ないと思いますよ。
器の大きさの問題かも^^;ちっこい人なんです私orz
預けてラッキー好きなことしちゃう♪って思えたら
気分転換できて楽しそうなのになー!損してるぞ!わたし!
ホント、おおらかに子育てしたいものです。

●ちささん
はじめまして。遊びに来てくださってありがとうございます。
絵が上手といわれると、そんなことはないんですー!と謙遜したくなるのですが
正直いうと嬉しいです。誉めて下さってありがとうー(*´Д`)
「ママじゃないとダメねー」って言われたい…orz
人見知りをしない息子は誰からも可愛がられて、それも嬉しいのですけどねぇ。
「ママのこと、わかってるのかな?」って言われると
母子の絆が未完成とみられている気がして、帝王切開だから?とか色々考えて凹んでしまう。
人見知りが激しいとママが大変と聞きますので、贅沢な悩みなのかもしれないですね。
気持ちわかるよーって言って貰えて嬉しかったです。
どうもありがとうございます!
【2007/01/04 20:33】URL | みるく #/pdu0RA.[ 編集]
●Akiさん
息子の子供か娘の子供かで、孫の気安さに違いが出てくるのって、わかります。
主人には妹さんがいるので、いずれ妹さんに子供が出来た時に
可愛がられ方に温度差でたら息子が可哀想なので
出来るだけ赤ちゃん時代に、触れ合って可愛がってもらいたいのですけどね。
(頭じゃわかってるのだけどなー(笑))
息子の月齢が進んできたので、前程に抵抗を感じないかも?
お舅様を気遣って、ご主人様と娘さんの二人で帰ってもらうって
優しい心遣いですね。そして優しい奥様だわー!!!

●林檎さん
同居生活!林檎さんにひれ伏してしまう。
毎日ですか…!毎日だと倒れてしまいそうorz
ハイハイして、つたい歩きして、後追いはじめる頃になると
子守りの手が多い方が気楽~♪ってなるのかな?
でもやっぱりそれは、その心に辿り着くまでに
林檎さんがそれだけのものを乗り越えたからなのでは…orz
自然と力が抜けて、リフレッシュできたーって思える日が待ち遠しいです。
【2007/01/04 20:33】URL | みるく #/pdu0RA.[ 編集]
コメント非公開での書き込みありがとうございます。
お一人、お返事の方法のない方がいらっしゃって
この場でお返事書かせてもらいます。

●非公開さんへ
私だけじゃないのですね。ヨカッタ(ノД`)
心が狭いなぁって、自己嫌悪するとこまで同じですね。
お母さんの心って複雑ですねぇ…。
なんか私も安心しました。
子供が大きくなるにつれ、こんな気持ちも薄れるという話なので
ある意味貴重な「期間限定の母心理」…なのでしょうね(´・ω・)
書き込みありがとうございました。
同志がいて嬉しかったです。
【2007/01/04 23:44】URL | みるく #/pdu0RA.[ 編集]
はじめまして、かずといいます。
いつも楽しく拝見させていただいています。

わたしももうすぐ8ヶ月になる、息子がいます。
確かにかわいい、大好きっなんだけど、なかなか寝てくれない時、ぐずる時、イライラっとしてしまいます。
ほんのちょっとした事でキレてしまう・・・
「なんで寝ないの!?」と激しくゆすぶってしまったり、、、
そのすぐ後に、「あぁ、いけない」と我に返って反省して・・・
そんな毎日の繰返しです。

こんな私はダメな母親だ。
やっぱり私はダメなんだ。
私だけ、子育ての能力がないんだ・・・
とどんどん自分を追い詰めていました。

でも、みるくさんのブログを読んで、失礼かもしれないけど、それで悩んでいるお母さんはいるんだ、私だけではないんだ、と心強く思えました。

書いてくれて、ありがとう。
【2007/01/09 23:37】URL | かず #-[ 編集]
>かずさん
書き込みありがとうございます。
愚痴ばかりだった記事にこんなレス頂くと
もったいないというか、はずかしいというか。
でも、「私も同じだよ。気持ちわかるよ」って
いってもらえるのって
すごく嬉しいです。
コメントありがとうございました。
私の方こそ、そういってわかってもらえて
心強く感じます!
【2007/03/17 00:27】URL | みるく #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://milk34.blog57.fc2.com/tb.php/176-5e08f817
| ホーム |
プロフィール

みるく

Author:みるく
2006年5月に息子の太郎が生まれ、主人と愛猫の三人+一匹暮しです。初めての育児でテンテコマイの毎日です。

★かうんとだうん★



ブログランキング
「このBlog、結構おもしろーい!」と、思ったらポチリと一票お願いします♪ FC2ブログランキング
カウンタ

最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。